柔軟剤、毛糸洗いいらず!すごく便利な粉せっけん

konasekken

 

ここ10年くらい、洗濯には「粉せっけん」を利用しています。

軽い気持ちで使い始めたのですが、いろいろな用途に使えて、大変便利です。

 

 

「粉せっけん」というものは、粉末状の洗濯用洗剤の中でも、表示に「合成洗剤」と書かれていないものをさします。

 

 

粉末状のせっけんのうち、「洗濯用石けん」と書かれたものだけが、今回ご紹介する「粉せっけん」となります。

 

 

粉せっけんが便利な理由のひとつは、手荒れしないことです。

 

 

洗濯用合成洗剤と、洗濯用粉せっけんでは、界面活性剤の種類が異なるようで、粉せっけんで手洗いしても、手が荒れません。

 

 

くつした、下着など、手洗いをするために、専用の固形石鹸などを用意している方も多いと思いますが、

 

粉せっけんはお湯に溶いて手洗いをしても手荒れしにくいので、洗濯機でも手洗いでも兼用することができ、重宝します。

 

粉せっけんが便利な理由の2つめは、セーターなど毛糸の衣類を洗っても大丈夫なことです。

 

 

セーター、カーディガン、マフラーなど、ウール100%のものを自宅で洗う方は、毛糸洗い専用の洗剤をみなさん用意しているかと思います。

合成洗剤の場合は、木綿、化繊など通常の衣類のみしか洗うことができませんが、粉せっけんで毛糸の衣類を洗濯することができます

 

なので、通常の洗剤と毛糸洗いの洗剤、2種類用意する必要がなく、粉せっけん1種類そろえておくだけで、通常の衣類と毛糸の衣類、どちらも洗うことができて大変便利です。

 

 

毛糸の衣類は枚数が少ないこともあり、洗濯機を回すほど洗い物がでなくて、手で1枚2枚洗う機会も多いと思います。

この点からも、粉せっけんをひとつ持っていると、毛糸の衣類を自宅で洗うことへのハードルが下がります。

カシミアなど高級な毛糸をいきなり洗うのは心配だと思いますので、普段使いのアクリルのセーターなど、丈夫な毛糸素材で試し洗いをしてみるとよいと思います。

 

 

毛糸洗いも通常の衣類でも、使用量がメーカーによって異なるので、箱など容器に書かれた使用料を見て、適量で洗うとうまく洗えます。